カテゴリー「金柑」の記事

2015年2月 5日 (木)

金柑の加工をしています

Kinkan

今年の金柑が収穫され、宮崎から届きました。今、加工をしています。

ことしの金柑は味が強く、やや固めの食感です。含め煮にするには例年通り煮ては固すぎる仕上がりになりますので、いつもより念入りに時間をかけて作っています。
自然次第ですのでなかなか毎年同じとは行かずに工夫の連続となりますが、これも大地の恵みです。今年の金柑の味を最大限に生かした製品に仕上げて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

金柑の仕込みをしています

Kinkan

今年の金柑が収穫され、仕込みをしました。今年の金柑はほぼ例年並みの出来です。キレのある味の金柑になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

金柑が入荷しました

みなさま明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします・

Kinkan

宮崎から今年度の金柑が入荷し、ただいま仕込みをしています。

今年の金柑は味が濃く、風味に富んで美味しくなっています。ただし全体的に傷が多く、ふくめ煮にできる果実を選ぶのが大変です。

今年初めての果実加工、しっかりと良い製品にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

金柑を加工しています

Kinkan

今年の金柑が入荷し、加工しています。

今年の金柑はやや実の大きさ不揃い、また皮が固めですので、加工に気を使います。
味は例年よりもメリハリがあって良好な感触ですが、なかなか含め煮に良いサイズが見つからず、苦労しております。

これから漬け込まれて含め煮やジャムになっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

金柑が入荷・加工しました

Kinkan2_2

串間から収穫された金柑が届き、金柑加工を行いました。
今年の金柑ですが、味は良好でしっかりした味わいを感じることができます。良い含め煮やジャムになってくれそうでして、期待が持てます。

それにしても上田は氷点下の寒い毎日ですが、南国宮崎の日光をたっぷり浴びた金柑を見ていると、何となく春の気配すら感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

金柑の農場視察に行ってきました

金柑の農場のある宮崎県串間市に行ってきました。

上田から新幹線と飛行機で宮崎空港まで5時間、宮崎空港から串間市まで2時間かかるかなりの長旅ですが、特に宮崎空港から串間までの道のりは南国情緒あふれる海岸通りでして、信州の山国から見るとまぶしいくらいの景色を楽しむことができます。

Miyazaki1

Miyazaki2

さて、金柑畑ですが、やはり海が一望できる山の中腹にあります。

Kinkan1

金柑畑から見た景色です。見えている砂浜はウミガメの産卵地としても有名なようでして、ウミガメの保護施設もあるとのことです。

Kinkan2

Kinkan4

これが今の金柑畑の様子なのですが、もう金柑の収穫は終わっていますので、取り残しの実が少しついているくらいの青々とした畑になっています。金柑も三宝柑と同じでして、山間の傾斜地を好む性質がありますので、畑はなかなかの険しい環境に位置しています。

Kinkan5

これは金柑の木の根本の部分です。たこ足のような面白い形をしているのは、根上がりと呼ばれる現象だと思います。金柑の古い木ほどこのような感じになっていますので、これは金柑の木特有の性質だと思います。

それにしても宮崎はやはり南国でして、日中はワイシャツ一枚でも汗ばむくらいの陽気でした。上田では5月下旬から6月上旬といった感じでしょうか。

Sakura

Tutuji

ソメイヨシノの花がもう開花しているというのはニュースでも知っていたのですが、ソメイヨシノと同時にツツジの花が満開になっているのには驚かされました。上田では桜は4月ですし、ツツジは5月のGW明けに開花しますので、両方が同時に咲いているのを見ることはまずありえません。
聞くところによると、宮崎ではもうヤマザクラが完全に散って葉桜になってしまっているそうです(上田ではヤマザクラはソメイヨシノよりもずっと遅れて咲きます)。温かい気候と寒い気候での違いは、単純に花が咲く時期が異なるというだけではなく、花の咲く順番すら全く違ったものになるのだと知ってびっくりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)