カテゴリー「弓削瓢柑」の記事

2016年2月16日 (火)

弓削瓢柑の仕込みをしています

Yuge

今年の弓削瓢柑が収穫され、仕込みをしています。

今年は暖冬の影響を心配していましたが、入荷した弓削瓢柑を見てみると影響はさほどでもないようです。むしろ、果汁の味が濃く、良い味の仕上がりとなった感じです。

しっかりと、美味しいジャムに仕込みたいと思います。

続きを読む "弓削瓢柑の仕込みをしています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

弓削瓢柑を加工しています

Yuge

今年も生口島から弓削瓢柑が届き、ジャムに加工しています。今年もさわやかな味のジャムに仕上がってくれそうです。

先行して生ジャムの販売をしています。
四季のジャムの発売ももうすぐできる予定です。今しばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

弓削瓢柑が収穫されました

Yuge

今年の弓削瓢柑がレモン色に熟し、収穫されました。今年のどの柑橘にも言えるのですが、弓削瓢柑も酸味が強い傾向にあるようです。ジャムにした時に良い味になってくれるでしょう。

ただいま仕込みをしていますので、ジャムの発売までしばしお待ちくださいませ。
先行して、生の弓削瓢柑を店舗にて¥105にて販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

弓削瓢柑を加工しています

Yuge

今年の弓削瓢柑が瀬戸田で収穫され、加工しています。

今年の弓削瓢柑も美味しいジャムになりそうです。果汁の味は良いのですが、台風の影響でしょうか果皮の傷が若干多く、苦労いたしました。マーマーレード用の皮をなんとか必要量仕込めてホッとしています。

発売まで今しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

弓削瓢柑が入荷しました

Yuge

瀬戸田から弓削瓢柑が入荷しました。
三宝柑など紀南の柑橘が台風などの自然災害の影響を受けていたので心配していましたが、入荷した弓削瓢柑はほとんど傷がありませんでした。瀬戸田の方ではそれほど被害が無かったのかもしれません。

味の方はこれからジャムに仕上げてみないと、というところですが、生で食べる分には、どこまでも爽やかであっさりしている果汁の中にわずかに苦みを感じる、弓削瓢柑独特の味が良く出ていると思います。
今年の弓削瓢柑ジャムも美味しいものに仕上がりそうです。

弓削瓢柑ジャムは来週末くらいに発売できそうです。今しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

弓削瓢柑ジャムを発売しました

Dsc_1717_2

ホームページの新着情報にて既に掲載していますが、2月24日から今年の弓削瓢柑ジャムが発売になっています。

今年の弓削瓢柑ジャムは例年よりも若干香りが強いです。生で食べた時に感じた酸味は予想したほど強くはでていませんでして、例年通り穏やかでマイルドな味わいに仕上がっております。

Dish_yuge

弓削瓢柑ジャムを皿に乗せたところを撮った写真です。きれいな薄レモン色をしていることがわかると思います。

ジャムはガラス瓶越しに見る色合いと、ガラス瓶から出したジャム本来の色合いで、かなり印象が異なります。ガラス瓶越しですと、どうしても本来の色合いよりも暗くくすんだ色になってしまいます。
逆に言えば、ガラス瓶に入った状態できれいな色合いのジャムは、ガラス瓶から出してもきれいな色合いであるということです。
(ジャム瓶に入った状態でのジャムの色合いは、透過光の量がどのくらいあるかによって変化します。ですので、一般に容量の大きなジャム瓶に入ったジャムでは、見た目の色合いが実際のジャムよりも暗く沈んだものとなります。また、瓶の形状にも大きく左右されまして、角型の瓶に入れると透過光の量が増えて色は奇麗に見え、飯島商店のような寸胴型の瓶ですと一番色は沈んで暗く見えます)

保存料・安定剤・着色料を添加していないジャムの場合、保存期間が長くなるほど光・温度・湿度などの影響を受けてどうしても茶色く変色してしまいます(褐変現象、もしくはメイラード反応と言います)。よく輸入もののジャムがどれもまっ茶色をしていたりしますが、これは保存料・着色料などが入っていない安心の証拠とも言えますが、裏を返せばそれだけ製造からの日数が経っており新鮮さを損なっているということです。ジャムは保存食ですが、やはり新鮮ではないジャムはひねた風味になってしまいますので、本来の美味しさから遠く離れた味わいとなってしまいます。

保存料・安定剤・着色料が入っていないジャムの場合は、色合いのなるべく美しいものを選ぶのが新鮮で美味しいジャムを購入するコツだとお考えください。そしてなるべく色合いの美しいうちに食べきってしまうのも、美味しいジャムを美味しく食べるコツです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

弓削瓢柑が入荷・加工しました

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)が今年も瀬戸内海の瀬戸田から入荷しました。

Dsc_1506

見ての通りの長細いミカンでして、三宝柑以上に知る人ぞ知る品種だと思います。弓削瓢柑についてはこちらのページにて紹介してありますので、よろしかったらご覧下さい。

さて、今年の弓削瓢柑ですが、味としては今年は若干酸味が強いさわやかな味の傾向です。ジャムに仕上げてみないと何とも言えないですが、恐らくジャムも去年のものよりも酸味がやや強い傾向になるのではないでしょうか。
入荷量としては去年とほぼ同じ量ですので、今年も3月~5月くらいの販売期間になると思います。なにぶん生産者が限られている貴重な柑橘ですので、なかなかジャム製造量がご要望に追いつかずご迷惑をおかけしております。

販売開始は来週の予定です。
予約も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
http://www.misuzuame.com/mail/iijimamail.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)