カテゴリー「かりん(マルメロ)」の記事

2015年10月24日 (土)

かりん(マルメロ)の仕込みをしました

Karin

今年のかりんが産地(諏訪市・下諏訪町・岡谷市)で収穫され、仕込みをしています。今年のかりんも良い香りで、いつも通りといったところです。収穫量はやや不作気味との情報もありましたが、順調に仕込み量を確保することができました。

仕込みをしている今だけの、生ジャムの販売もしております。
そちらもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

かりんの仕込みをしています

Karin

諏訪と安曇野でかりんが収穫され、仕込みをしています。

今年のかりんは前情報の通り、やや小玉傾向です。加工に手間がかかりますが、香りは上々だと思います。かりん独特の強い甘い香りがしています。

100本限定で生ジャムも販売する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

かりんの収穫打ち合わせに行ってきました

諏訪のかりん(在来種マルメロ)産地へと、収穫の打ち合わせに行ってきました。

Karin1

Karin2

台風の影響が心配でしたが、特に大きな被害もなく順調に収穫できそうです。今年のかりんはやや小玉傾向なものの、着果量は多く豊作です。今年の仕込みも特に問題なくできそうです。

来週あたりからかりんの仕込みを始めます。良いジャムに仕上げて行きたいと思います。
また、今年もかりんの期間限定のかりん生ジャムがご用意できる予定です。楽しみにお待ちください。

続きを読む "かりんの収穫打ち合わせに行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

かりんの生ジャム、3日間限定販売です

Photo

急遽ですが、かりんの生ジャムを、10/27まで店頭のみで販売(税込300円)いたします。

なるべく火を通さず、生に近い状態で仕上げた低糖度ジャムです。この新鮮なフルーツ感はなかなか他では味わえないものかと思います。

ただし、低糖度ジャムの宿命ですが保存がききません(賞味期限11/1まで)。
保存がきくようにするためには高糖度ジャムよりはるかに強加熱しなければならず、できたジャムは味もそっけもない不味い代物になります。加熱を弱くすれば新鮮なフルーツそのものの香りにあふれたジャムになりますが、保存は全くききません。低糖度ジャムの場合、「保存性」と「美味しさ」は非常に大きく反比例するのです。
そんなわけで飯島商店の生ジャムは、保存性を犠牲にして、美味しさで勝負することにしました。

Photo_2

保存がきかないですので、本当に新鮮な生果実が手に入る期間しか作ることも販売することもできません。
そんなわけで、とりあえずかりんは日曜日までの数日間での販売とさせていただくことにしました。試験的な販売ですので数量限定ですが、なにとぞご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

かりんの収穫が始まりました

Karin

本かりんの収穫がはじまりました。諏訪の選果場へと見に行ってきましたが、かりんの甘い香りでいっぱいになっていました。

今年のかりんは例年並みくらいの収穫量でして、大豊作だった去年の半量程度になりそうです。貴重な本かりん、がんばって良いジャムに仕込んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

かりんの農場に行ってきました

Karin2

Karin1

諏訪のかりん農園へと今年の作柄を見に行ってきました。

今年のかりんも夏の猛暑の影響が大きく、実は小さい傾向です。ただし、着果量は十分ですので、収穫量としては平年並みが期待できそうです。

熟すのは10月後半になりますので、まだまだ未熟の状態ですが、ほのかにかりんの良い香りが漂っています。他の果物でも、今年は少雨の影響で味が濃い傾向がありますので、かりんも期待できそうです。

Karin3

こちらは、今年植えた在来種かりんの苗です。着実に、次世代に向けて在来種かりんを引き継げるよう、今から準備しております。5年後には実をつけてくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

かりんの加工をしました

Karin

かりんが収穫され、加工しました。今年のかりんは例年通り香り良く、社内だけではなく外の道を歩いていてもかりんの芳香いっぱいで、思わず深呼吸したくなります。

販売は今月中下旬ごろになりそうです。今しばらくお待ちくださいませ。

それにしても今年のかりんもなかなか収穫量が上がらず苦労しました。

Karin2

収穫前に訪問したかりん農家の畑です。
青果市場におけるかりん需要の右肩下がり、農家の高齢化と後継者不在、ひいては農家のモチベーションの極度の低下。かりん生産を取り巻く状況は年々悪化の一途をたどっています。
江戸時代初期に遡る長野県下でのかりん栽培の歴史、また地域特産物としての価値を考えると、かりん栽培自体ひとつの文化財と言えるのではないでしょうか。
かりん栽培は決して時代の流れで絶やしてはならない、大きな価値のあるものであると考えています。

世間では農業の問題と言うとTPPばかり取り沙汰されていますが、TPPどうこう関係なく、伝統的農作物の状況は非常に厳しく、常に存亡の瀬戸際に立たされているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

かりんが収穫されました

かりん(マルメロ)が予定通り収穫され、入荷しました。

Karin

きれいにレモン色に熟したかりんからは、とても良い芳香がします。毎年のことですが、この時期はかりんの香りで工場内が包まれまして、誰でもそれと分かります。かりんばかりは生で味をチェック、とは行きませんので、ジャムにしてみてから品質判断ということになりますが、この香り高さから考えて今年も美味しいかりんジャムになると思います。

かりんジャムは現在品切れ中でご迷惑をおかけしております。ただ今仕込み中ですので販売再開はしばらくお待ちください。11月下旬から12月に販売が再開できる見込みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

かりん(マルメロ)の農場視察に行ってきました

安曇野のかりん畑へと視察に行ってきました。
本当は来週の視察予定だったのですが、熟度の進みが例年になく早く、急きょ今週の現地視察に予定変更となりました。

Karin1

Karin2

見ての通りでして、確かにもう収穫適期のかりんが多く、果皮がきれいなレモン色に染まっています。香りもかなり出てきていまして、特有の芳香が畑に漂っていました。

Karin3

今週から来週くらいにかけて除袋をして、かりんの収穫となります。今年のかりんは大玉傾向でして、リンゴと同じような傾向を見せています。
先日、長野県を通過した台風18号の影響もほとんど無かったようで、ほっと一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

かりん(マルメロ)の花

マルメロの花、となりますと数ある果物の中でも知る人ぞ知るといった所になると思います。

Marumero1

Marumero3

リンゴと同じような白い花びらなのですが、雄しべや雌しべの紫色の軸がアクセントになり、派手さではマルメロの方が上になると思います。開花時期はリンゴとほぼ同じ時期になりましてゴールデンウィークのこの頃になります。

マルメロの花が終わると、信州もいよいよ初夏の空気が濃くなってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)