カテゴリー「小泉小太郎」の記事

2018年2月 7日 (水)

小泉小太郎と小泉氏

松尾町商店街フリーペーパー『真田坂』の25号の特集は小泉小太郎です。塩田平民話研究所長の稲垣勇一様に全面協力をいただき、小泉小太郎の民話としての魅力とその背景について解説する内容となる予定です。

真田坂の方は純粋に小泉小太郎という民話の内容について掘り下げますので、そちらは発刊予定の3月を楽しみにお待ちください。
ただ、民話研究の門外漢としての立場で見ると、どうしても小泉小太郎と上田の中世地方豪族の「小泉氏(泉氏)」の関係が全く無いとは思えませんので、このブログに異説として記します。ちなみに、民話研究の大家である柳田国男は、小泉小太郎と泉親衡(平安末期から鎌倉時代初期の上田市小泉を拠点とした地方豪族。泉親衡の乱(建保元年、1213年)を起こし、後の和田合戦を誘発する引き金となる。親衡は小泉氏の祖先と考えられる)を同一視することを否定していますし、稲垣勇一様も柳田説を支持し小泉小太郎と小泉氏の関係性を否定する立場ですので、これからの文は単なる私説に過ぎないことを始めにお断りしておきます。

---小泉氏の盛衰---

まず、小泉氏(泉氏)とは何者なのか、というところから始めます。インターネット上で小泉氏の居城の解説はいくつか目にすることができますが、小泉氏自体の解説は現状ほぼ存在しません。それもそのはずでして、小泉氏というのは実に謎が多い一族でして、分からないことだらけなのです。

泉氏は源満快の子孫であり、清和源氏の一派であるとしています(尊卑分脈など)。泉氏を名乗り始めたのは満快の6代後の公季からで、小泉庄の地頭となりました。泉親衡は公季からさらに3代後の当主となります。

鎌倉時代初期に打倒北条氏を目指した泉親衡の乱を起こして失敗し、当主の親衡が逐電した泉氏が鎌倉幕府からいかなる処分を受けたか、はっきりとした記録は残っていません。しかし、泉親衡の乱から26年後の延応元年(1239年)、時の執権である北条泰時が「小泉庄室賀郷」の水田を善光寺へと寄進している記録が残っており、恐らく乱後に小泉庄は幕府に没収され、地頭職も北条氏により接収されたと考えられます。
それから100年以上後の記録に、北条氏の配下として岡地区と舞田地区の地頭職をもらっていた記録がありますが、鎌倉時代を通じて冷遇され続けたことが伺えます。

鎌倉幕府崩壊後に泉氏(小泉氏)がいかなる動きをしたか、これもはっきりとした記録はありません。ただ、北条氏滅亡後は足利尊氏が小泉庄の地頭になっているものの、室町時代後期から戦国時代になると小泉氏が小泉一帯を支配していたことが明らかになっています。恐らく室町時代のどこかの時点で、小泉氏は何らかの方法で失地回復に動いたのでしょう。
戦国時代には小泉氏は村上氏に味方し、小泉庄とは千曲川を挟んで対岸の現在の上田城の小泉曲輪の場所にまで勢力を伸ばし、館を構えていたと考えられています。しかし村上義清が武田信玄の侵略を受けて逃亡したので、やむなくその軍門に降りました。
さらに武田氏が滅亡した後は真田氏の家臣となりましたが、信之の松代転封後の記録からはぷっつりとその名が消えています。恐らく松代転封を嫌って小泉の地に残ることを選択し、武士身分を捨てて庄屋などの農民となったのでしょう。

続きを読む "小泉小太郎と小泉氏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

岩鼻(半過岩鼻)

今日は上田市民なら誰でも馴染み深い名勝である岩鼻(半過岩鼻)について紹介します。

Iwabana

正面の巨大な崖が岩鼻です。崖に大穴が開いている様子が、鼻とそっくりなのでこの名があります。
ちなみに岩鼻の手前に川が流れていますが、これは千曲川です。

Iwabana2

岩鼻に近寄ってみると物凄い大崖であることが分かります。

この崖はひん岩という岩石からできているのですが、性質がもろいせいかよく崩落します。岩鼻の崖下を国道18号線バイパスが走っていますので、台風等が来るたびに通行止めになります。現在も補修工事をしているようでして、来年(平成21年3月)まで全面通行止めとなっています。

この岩鼻の奇景がどうやって出来たかと言うと、千曲川の浸食作用です。崖の大穴は、その昔にこの高さに川の流れがあり、勢い良く川の流れがぶつかることによって崖が抉られて出来ました。岩鼻の穴から現在の千曲川まで数十メートルの高低差がありますが、そこまで千曲川が地面を掘り下げたということです。

もっとも、更に昔は千曲川の位置はもっと高く、岩鼻の崖上に千曲川の河原があったようです。岩鼻の崖上にまで車で登ることが出来まして、そこに千曲公園という小さな公園がありますが、そのあたりに落ちている石は河床礫と言って河原に落ちている石と同じなのです。

Chikuma1

これが千曲公園です。写真はありませんが、このあたりの小石は丸みを帯びており、確かに河原で見る石そのものです。

ちなみに公園という名の通りにすべり台等の若干の遊戯設備もありますが、千曲公園の名物は何と言ってもその景色です。

Chikuma2

断崖絶壁の上ですので見晴らしはすばらしく、上田市から坂城町までぐるっと見渡すことが出来ます。

ところで、武田信玄は村上義清に手痛い二度の敗戦をしていますが、先にご紹介した砥石城での敗戦ともう一つが上田原の合戦でして、この上田原合戦において千曲公園の近くに村上義清が本陣を張ったと伝わっています。上の写真では手元左手の方に橋があり、そこから写真右の方に向かって道路が延びていますが、ちょうどその辺が上田原合戦場であったようです。
まさに上田原合戦の全てを見渡せるこの景色をフル活用し、村上義清は武田信玄に打ち勝つことが出来たのでしょう。小泉小太郎の子孫である小泉氏もこの合戦に村上方として参加していますし、岩鼻のあたりまで小泉氏のホームグラウンドですので、上田原合戦における村上義清の作戦に、地形を熟知した小泉氏の貢献は大きかったと思います。

大自然の巨大な力を活用するも、逆に手痛い大打撃を被るのも、全ては人間次第です。まず自然の在り方を知ることこそ重要なのではないのか。岩鼻の奇景からそんなことを感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

龍の子太郎と真田昌幸

龍の子太郎と真田昌幸。片や伝説の主人公、片や真田氏中興の祖でして一見何の関連も無さそうですが、実はこの両者は上田城で繋がりがあります。

続きを読む "龍の子太郎と真田昌幸"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

蛇骨石とオオムラサキ

蛇骨石は「じゃこつせき」と読みます。鞍ケ淵の川辺で見つかりますので、小泉小太郎の母竜が死んだあとの骨であると言い伝えられています。

Jyakotsuishi

この白い破片が蛇骨石です。大きなものは人のこぶし大になるようですが、写真くらいの大きさの破片でしたらいくらでも見つかります。もっとも、鞍ケ淵よりも数百メートル上流の沢山湖付近の崖下の方が見つけやすいと思います。

実は、蛇骨石の正体は骨ではなく、沸石(灰沸石)とよばれる鉱物です。英名ではゼオライトと呼ばれる鉱物群の一種で安定性が高い為、化学実験でもよく用いられますし、工業的にも頻繁に使用されます。

そう言ってしまうと何となく有り難味が薄れてしまいますが、蛇骨石が産出する鞍ケ淵一帯の重苦しい凄みを考えますと、これは沸石などではなく伝説の竜の骨なのだと思いたくなってしまいます。

ところで、鞍ケ淵付近ではオオムラサキが何匹も飛んでいました。先週まではあまりオオムラサキの姿を見ませんでしたので、梅雨明けの強い日差しと相まって、いよいよ夏本番の到来を感じさせてくれます。

Oomurasaki

キツネか何かの獣の糞にオオムラサキが止まっているところです(食事中の方が居ましたら、すみません)。蝶の中には汚物に集まる習性を持つものも多く、特に樹液に集まる性質のあるチョウにその傾向が強いようです。

写真のオオムラサキは、いきなり足元から飛び立ったのでかなりびっくりさせられました。しかし、いったん飛び立ってもオオムラサキはあまり人を恐れませんので、大抵すぐに舞い戻ってきます。食事しているものは少々汚いですが、こういった堂々たるオオムラサキの態度はさすが国蝶と思わせる風格があります。

重苦しい雰囲気の鞍ケ淵でオオムラサキの元気いっぱいな姿を見ますと、何となく救われた気分になりました。

続きを読む "蛇骨石とオオムラサキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

鞍ケ淵

小泉小太郎伝説で、小太郎生誕の地とされているのがこの鞍ケ淵です(位置)。

もっとも地元以外の方ですと、小泉小太郎よりも、龍の子太郎と言った方がご存知の方が多いかもしれません(アニメ「まんが日本昔ばなし」のオープニングアニメーションで、竜の上に子供がまたがっていましたが、それが龍の子太郎です)。龍の子太郎は小泉小太郎をモチーフにして戦後に作られた童話なのです(松本の泉小太郎伝説も、龍の子太郎の作者は参考にしたようです)。

小泉小太郎の話は上田マルチメディア情報センターのホームページが詳しいですので、参考にしてみて下さい(小泉小太郎物語)。

Kuragafuchi2

これが鞍ケ淵の渓谷です。小太郎の母親が潜んでいたと伝えられている渓谷で、昼なお薄暗くひんやりとした場所です。確かに大蛇や竜が潜んでいてもおかしくない、と思わせるような淀んだ凄みがあります。

Kuragafuchi 

これが鞍岩と呼ばれる大岩で、この渓谷が鞍ケ淵と呼ばれる所以です。鞍岩は、写真の通りにちょうど橋のように渓谷の川を横断するような形で鎮座しています。この鞍岩の上で母竜が小太郎を産み落としたと伝えられており、それにちなんで、この川は産川(さんがわ)と呼ばれています。

上田の人でも、龍の子太郎の話は聞いたことはあっても、その舞台が上田だということを知らない人が多いと思います。訪れる人も少ない隠れ観光スポットですが、それだけに伝説の世界に浸れる雰囲気がよく残っていると思います。

続きを読む "鞍ケ淵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)