カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2008年10月22日 (水)

ねずみ大根と青大根

最近、京野菜だけではなく地の特産野菜に脚光が浴びているようです。上田地域でも古くから根付いている特産野菜がありまして、今日はねずみ大根と青大根について紹介いたします。

Nezumi

これがねずみ大根です。
大根と言ってもおでんや煮物などの加熱用には向きませんし、タクアンや切干大根などの加工用にも全く向きません。ねずみ大根は、大根おろしにして薬味として使う専用の大根でして、用途はかなり狭いです。しかし、その辛味は恐らく他のどの種類の大根の辛味よりも鮮烈なものでして、ねずみ大根は別名「辛味大根(からみだいこん)」とも言います。
ワサビと同じような使い方だと言えば想像がし易いと思います。

このねずみ大根の大根おろしを薬味にして食べる「おろしソバ」は信州の初冬の風物詩でして、食べるとその辛味で体中から汗が吹き出てきます。

ちなみに、何故ねずみ大根と呼ばれるかと言いますと、二つの説ががあります。
一つには、ずんぐりむっくりした大根の形が「ネズミ」の体にそっくりだから、というもの。
もう一つには、鼠宿のあたりで採れる大根だから、というものです。
どちらが本当かよく分かりませんが、確かにネズミを彷彿とさせる姿かたちですし、鼠宿周辺は一大生産地ですし、どちらもさもありなんと思わせるものがあります。案外、どちらも本当のことだったりするのかも知れません。

Ao

これが青大根です。上田地方では一般的に「青首大根」と呼んでいますが、東京等の他の地域の青首大根とは似ても似つかない別種です。
こちらの青大根はねずみ大根とは逆の性質がありまして、辛味はほとんどありません。一般的にはタクアンなどの漬物にしますが、大根おろしにしてもマイルドで美味しいです。

青大根はタクアンになっても緑色のままでして、他県からのお客様にこのタクアンを出しますと「タクアンが変な色をしている」と驚かれます。

Nezumiaokubi

青大根とねずみ大根を並べてみました。どちらも普通の大根よりもかなり小さな大根ですが、その独特な特徴は全国流通している大根では絶対に得られないものなのです。

11月に入りますと、青大根やねずみ大根の最盛期になります。この時期になると上田市内のスーパーなどで普通に売られますので、ちょっと変わった上田のお土産にも良いかも知れません。

| | コメント (6) | トラックバック (1)