« かりんの加工をしました | トップページ | 三宝柑福居袋が始まっています »

2011年11月12日 (土)

三宝柑の状況を見に行きました(和歌山県田辺市)

今年の三宝柑の状況を見に行ってきました。

Sanpo

横に写っている方はこの三宝柑畑の園主の野村さんです。

今年の三宝柑は玉の伸びは平年並み、着果量もほぼ平年並みといった水準です。

しかし、ニュース報道であったように、今年の田辺市は台風12号による前代未聞の被災地となりまして、その爪痕は未だ大きく残っています。
幸いにして三宝柑の畑では無かったのですが、蜜柑の畑が丸ごと土砂崩れで無くなってしまった家もあるようです。もともと降水量の多い土地柄なのですが、今年の台風12号は今まで経験にないものすごいものであった、と皆さん口を揃えて仰っています。

Sanpo2

記録的災害の影響か、今年の三宝柑は上の写真のようなかいよう病の発生が多いようです(茶色い斑点がかいよう病です)。

ですが、三宝柑農家に土砂崩れや増水などの直接的被害が出なかっただけでも幸いと言わざるを得ません。
異常気象に振り回されっぱなしの年となりますが、先ほどの野村さんを含め、三宝柑への想いを熱く語り合ってまいりました。

産地と私ども一体となり、被災の今年度も精一杯がんばって、良い三宝柑製品を作り上げたいと思っております。

|

« かりんの加工をしました | トップページ | 三宝柑福居袋が始まっています »

三宝柑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/53226902

この記事へのトラックバック一覧です: 三宝柑の状況を見に行きました(和歌山県田辺市):

« かりんの加工をしました | トップページ | 三宝柑福居袋が始まっています »