« コンコードが入荷・加工しています | トップページ | 紅玉りんごの加工をしています »

2010年10月 4日 (月)

紅玉の現状(立科)

立科の五輪久保の産地に紅玉を見に行ってきました。

Kogyoku1_2

Kogyoku2

今年の傾向ですが、実付きが悪く、小玉傾向、そして皮の着色が淡いようです。夏場あれだけ太陽光が降り注いだのですから、皮の着色は濃い目であることを期待していましたが、どうも逆になってしまったようです。

今年の紅玉ジャムは、例年より紅色の淡いジャムに仕上がりそうです。
夏場の異常高温は野菜・果物に様々な予想外の影響を及ぼしていますが、紅玉もその例外ではないようです。りんごの価格が暴騰している昨今、紅玉も何かと不安材料が多くなります。

来週からの収穫がどういう風になるのか、今から少々心配になります。

|

« コンコードが入荷・加工しています | トップページ | 紅玉りんごの加工をしています »

紅玉りんご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/49647607

この記事へのトラックバック一覧です: 紅玉の現状(立科):

« コンコードが入荷・加工しています | トップページ | 紅玉りんごの加工をしています »