« 赤すももの視察に行ってきました | トップページ | 赤すももの視察に行ってきました(真田町) »

2010年7月21日 (水)

おかんが池

青木村の沓掛温泉から鹿教湯の方に向かった山手に、おかんが池という小さな沼があります。


より大きな地図で おかんが池 を表示

訪れる人もほとんおらず、私も土地の方に場所を聞いて、それでもなかなかそれと分からずに難儀してしまうような場所です。
ですが、民俗学的におかんが池という場所は青木村のみならず上田でも有名でして、雨乞いの聖地として知られています。

Okanga1

こちらがおかんが池でして、池というよりも水たまりといった感じです。

さて、雨乞いのやり方ですが、この池の水をかき交ぜたり、池の水を全部出して新しい水に換えると、どんな干ばつの時でも土砂降りの大雨になると言われています。

こういった雨乞いのやり方自体は日本全国で見られる形式です。しかし、おかんが池が変わっているのは、この池での雨乞いは、他の雨乞いのやり方ではどうしても駄目な時の、よくよく最後の切り札とされているところです。

さて、おかんが池には伝説がありまして、つつじの乙女とよく似た伝説です。比較的有名なものだと思いますが、インターネットで検索してみても出てきませんでしたので、さらっと概略を書いてみます。

昔々、沓掛村(おかんが池のあるあたりで、今の青木村沓掛)の「おかん」という娘さんが、山を越えた向こうの西内村(今の上田市丸子町西内)の若者と恋仲になりました。おかんは山を越えて若者の元へと毎日通っていたのですが、日に日に若者の心はおかんから離れて、とうとう不義をはたらいていることがばれてしまいます。
おかんは嘆き悲しみ、西内村へと至る峠道の途中にある池に身を投げてしまいました。そんなことがあり、この池をおかんが池と呼ぶのです。
また、おかんさんの涙なのでしょうか。この池をかき混ぜると、どんな晴天の日でも土砂降りになるのです。

といった伝説です。類型はいくつかありまして、意地悪な姑にいじめられた「おかん」という人がこの池に身を投げた、など、いずれも「おかん」という人がこの池で死んだという伝説になります。

見た目では膝までも無さそうな水位のほんの水たまりに見えまして、この池で人が死ねるのだろうか?と伝説とはいえ説得力に疑問を感じてしまいます。ですが土地の人によると、この池は底なし沼のようになっていて、うっかり中に入ると足がとられて動けなくなってしまう、との話もあります。

伝説もさることながら、おかんが池がなぜこれだけ地元で信仰されているのか、疑問に思うところもあります。
見た目では小さな水たまりですし、周囲に何があるわけでもありません。水に対する信仰であるなら、川の水源地なら納得できるのですが、おかんが池はそういうわけでもありません。
それこそ、おかんの伝説のベースとなる実際の事件が大昔にこの池であったのではないだろうか。おかんは人柱のような役割をしているのではないか。などと想像してみるとちょっと怖くなります。

おかんが池は雨乞いの聖地です。聖地にはうかうかと足を踏み入れ難いような、そういう気分にさせられる雰囲気があるものなのかもしれません。

|

« 赤すももの視察に行ってきました | トップページ | 赤すももの視察に行ってきました(真田町) »

伝説・伝承」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/48276866

この記事へのトラックバック一覧です: おかんが池:

« 赤すももの視察に行ってきました | トップページ | 赤すももの視察に行ってきました(真田町) »