« 弓削瓢柑が入荷しました | トップページ | 泥宮大神 »

2010年4月 9日 (金)

生島足島神社山宮

今年は御柱祭です。諏訪の御柱祭が有名ですが、上田にもたくさんある諏訪神社でも、どこも小規模になりますが御柱祭を必ず行います。
その中でも比較的大規模なものが生島足島神社の御柱祭です。

生島足島神社の御柱祭については他にいくつも紹介サイトがありますのでそちらに譲るとしまして、あまり知られていない生島足島神社の山宮についてご紹介します。


より大きな地図で 生島足島神社山宮 を表示

インターネットで検索してみましたが地図もありませんでしたので、大体の位置を載せておきます。

さて、なぜ御柱祭で山宮なのかと言いますと。御柱祭で生島足島神社に立てる木は、この山宮がある東山地区から切り出された(山出し)ものなのです。

Onbashira_2

ちょうど山出ししてきた御柱がありましたので撮影したものです。ちなみにこの場所は「御旅所」と言います。

そして、こちらが生島足島神社山宮です。

Yamamiya1

Yamamiya2

小ぶりながらも四隅に御柱が立っていることが分かります。

Yamamiya3

また、案内板にもあるように、この山宮は健御名方、つまり諏訪大社の神様を祀ったものです。生島神足島神とは関係がありません。
生島足島神社山宮とは言いますが、実際には摂社である諏訪神社の山宮の性格が強いと言えます。

特に山岳信仰にまつわる神社に非常に多いのですが、もともとは山の上にあった神社を、参拝のし易いふもとの集落に移し、もともとの場所を奥宮(山宮)と称する例があります。
生島足島神社の境内にある諏訪社も、もともと山宮の位置にあったものを移してきたものではないかと私は考えています。

それにしても生島足島神社において、なぜこれほどまでに諏訪神が重要な扱いを受けているのか興味深いところです。
いろいろと想像ができて楽しいところですが、私なりの推測を、今度は生島神足島神がもともと祀られていたと言われる泥宮をからめて後日ご紹介したいと思います。

|

« 弓削瓢柑が入荷しました | トップページ | 泥宮大神 »

上田近郊の名勝・名所・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/48039681

この記事へのトラックバック一覧です: 生島足島神社山宮:

« 弓削瓢柑が入荷しました | トップページ | 泥宮大神 »