« 小鍋立の湯 | トップページ | 夫婦岩 »

2009年11月 7日 (土)

三宝柑の農場視察に行ってきました

和歌山県田辺市へと三宝柑の農場視察に行ってきました。

Sanpo1

Sanpo2

天候に恵まれて視察日和といったところでした。いつもながら、秋も深まり冬の足音聞こえる信州とは違い初秋を思わせる気候でして、この温暖さはうらやましくなるなることがあります。

さて、三宝柑の状況ですが、今年は非常に果皮に傷が多いです。

Sanpo3

Sanpo4

こういった感じの傷のある実があまりに多く、事前情報はあったものの少々びっくりしています。

なぜこのように傷が多いのかと言いますと、今年の5月に紀南地方を襲った暴風、7月のゲリラ豪雨、最近記憶に新しい台風18号と、異常なまでの災害続きだったせいです。
(7月のゲリラ豪雨の新聞記事がこちらにあります)

Takao

上の山の写真を見ると、山の中央付近に縦に一本白い筋が見えますが、これが7月のゲリラ豪雨で死者を出した土石流の跡です。

Takao2

土石流発生現場は4か月経った今もこのようになっていまして、自然災害の爪痕が生々しく残っています。

加えて、今年の8月以降の大干ばつ(田辺市では50日間、まったく降雨が無かったそうです)のせいで、三宝柑の実の大きさは異常に小さく、福居袋にできそうなサイズのものは数えるほどしか無い状況です。まったくもって、あまりの前例の無いひどい状況に頭を抱えるばかりです。

今年の三宝柑福居袋は例年よりも遅れて12月に入ってからの発売となりそうですが、自然災害と異常気象の影響は免れませんでして、その後の収穫の見込みは今のところ全く不透明といったところです。

すべての農作物に言えることですが、天候の影響ばかりはどうしようもありません。今年の三宝柑福居袋は皮に傷が多いものとなってしまい、お客様にご迷惑をおかけすることになってしまうことが予想されますが、なにとぞこのような産地状況をご理解いただきたくお願いいたします。

|

« 小鍋立の湯 | トップページ | 夫婦岩 »

三宝柑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/46698715

この記事へのトラックバック一覧です: 三宝柑の農場視察に行ってきました:

« 小鍋立の湯 | トップページ | 夫婦岩 »