« いちごジャムの製造が始まりました(発売日は5/12になります) | トップページ | 旧中込学校 »

2009年5月23日 (土)

佐久市岩村田のヒカリゴケ自生地

植物関係に詳しい方ですとよくご存じのことかもしれませんが、日本で初めてヒカリゴケの自生が確認されたのは佐久の岩村田です。その後相次いでヒカリゴケの自生が日本で確認されたのですが、自生量としても岩村田のヒカリゴケは全国に稀にみる豊富さを誇っていまして、国の天然記念物に指定されています。

Hikarigoke5

これがヒカリゴケの自生地です。

Hikarigoke2

貴重なものですので、自生地の洞窟には鉄格子がしてありまして中には入ることができませんが、格子越しにヒカリゴケを見ることができます。

Hikarigoke4

Hikarigoke3

エメラルドグリーンと言いますか、何とも言えない幻想的な色合いです。
ちなみに、ヒカリゴケは自ら発光しているわけではなく、細胞の特殊構造によって外部の光を反射してこのような光を放っています。ですので、洞窟内部の真っ暗闇では全く光りませんので、鉄格子越しに外から見ているだけで十分です。

岩村田の地元ではかなり有名な場所のようですが、上田近辺でご存知の方はかなり少ないのではないでしょうか。高速道路を使えば30分足らず、下道でも一時間程度の場所ですので、ちょっとしたドライブがてらに足を運んでみるのも良いと思います。

岩村田のヒカリゴケ自生地の位置は下になります。
とりあえず岩村田小学校を目指して行けば良いのですが、そこから先がちょっと分かりにくい道ですので、地元の人に聞いてみた方が分かりやすいかも知れません。


|

« いちごジャムの製造が始まりました(発売日は5/12になります) | トップページ | 旧中込学校 »

上田近郊の名勝・名所・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/45105544

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久市岩村田のヒカリゴケ自生地:

« いちごジャムの製造が始まりました(発売日は5/12になります) | トップページ | 旧中込学校 »