« 弓削瓢柑が入荷・加工しました | トップページ | 3月の三宝柑福居袋 »

2009年2月28日 (土)

弓削瓢柑ジャムを発売しました

Dsc_1717_2

ホームページの新着情報にて既に掲載していますが、2月24日から今年の弓削瓢柑ジャムが発売になっています。

今年の弓削瓢柑ジャムは例年よりも若干香りが強いです。生で食べた時に感じた酸味は予想したほど強くはでていませんでして、例年通り穏やかでマイルドな味わいに仕上がっております。

Dish_yuge

弓削瓢柑ジャムを皿に乗せたところを撮った写真です。きれいな薄レモン色をしていることがわかると思います。

ジャムはガラス瓶越しに見る色合いと、ガラス瓶から出したジャム本来の色合いで、かなり印象が異なります。ガラス瓶越しですと、どうしても本来の色合いよりも暗くくすんだ色になってしまいます。
逆に言えば、ガラス瓶に入った状態できれいな色合いのジャムは、ガラス瓶から出してもきれいな色合いであるということです。
(ジャム瓶に入った状態でのジャムの色合いは、透過光の量がどのくらいあるかによって変化します。ですので、一般に容量の大きなジャム瓶に入ったジャムでは、見た目の色合いが実際のジャムよりも暗く沈んだものとなります。また、瓶の形状にも大きく左右されまして、角型の瓶に入れると透過光の量が増えて色は奇麗に見え、飯島商店のような寸胴型の瓶ですと一番色は沈んで暗く見えます)

保存料・安定剤・着色料を添加していないジャムの場合、保存期間が長くなるほど光・温度・湿度などの影響を受けてどうしても茶色く変色してしまいます(褐変現象、もしくはメイラード反応と言います)。よく輸入もののジャムがどれもまっ茶色をしていたりしますが、これは保存料・着色料などが入っていない安心の証拠とも言えますが、裏を返せばそれだけ製造からの日数が経っており新鮮さを損なっているということです。ジャムは保存食ですが、やはり新鮮ではないジャムはひねた風味になってしまいますので、本来の美味しさから遠く離れた味わいとなってしまいます。

保存料・安定剤・着色料が入っていないジャムの場合は、色合いのなるべく美しいものを選ぶのが新鮮で美味しいジャムを購入するコツだとお考えください。そしてなるべく色合いの美しいうちに食べきってしまうのも、美味しいジャムを美味しく食べるコツです。

|

« 弓削瓢柑が入荷・加工しました | トップページ | 3月の三宝柑福居袋 »

弓削瓢柑」カテゴリの記事

コメント

年に何回かしか上田には行かないのですが行く度にジャムを買います 今年は桑の実のジャムを絶対に手にいれたくて いつ発売になるか楽しみにしています パソコンがなくてHPが見られないので残念です

投稿: 杏 | 2009年5月 5日 (火) 10時41分

杏様
いつも飯島商店をご愛顧いただきありがとうございます。
桑の実ジャムは大体6月後半での発売になりますが、発売時期についてはその年の天候により若干のずれがございます。特に昨年は近年まれに見る桑の実の収穫量の少なさもあり、早々に終売となりご迷惑をおかけいたしました。
桑の実ジャムの発売日が決まりましたらこのブログでもご案内していく予定ですが、なにぶんここは私個人の趣味のようなブログですので、情報がホームページよりも遅くなってしまうこともあります。

確実な最新の発売予定日情報でしたら、飯島商店の電話窓口(0268-23-2150)へとお気軽にお問い合わせ下さいませ。
発売前でも、ご入用の本数の取り置きも電話窓口にて承っておりますので、よろしかったらご利用ください。

投稿: 飯島商店 | 2009年5月 6日 (水) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/44198735

この記事へのトラックバック一覧です: 弓削瓢柑ジャムを発売しました:

« 弓削瓢柑が入荷・加工しました | トップページ | 3月の三宝柑福居袋 »