« 店舗の仕事始め | トップページ | 信濃国分寺八日堂(蘇民将来符) »

2009年1月 7日 (水)

志賀高原

年末年始にまとまった降雪があったおかげで、ようやくスキー場がそれらしくなってきました。

Shiga1

Shiga2

Shiga3

まだまだピークシーズンの志賀高原特有のさらさらパウダースノーとは行きませんが、それなりに雪質が軽くなってきています。羽毛のように軽い新雪の中のシュプールで浮遊感を味わうには1月下旬を待たなければならないでしょうが、今でも圧雪されたバーンでは十分に気持ち良く滑ることができます。

Kobu

雪不足が深刻だったころはすぐに圧雪車でつぶされていたコブ斜面も、ここに来てようやくお目見えといったところです。とは言え、まだまだ深くえぐれていない浅いコブですので、エキスパートの方には物足りないかもしれません。

Jyuhyo

雪山の風物詩のモミの木への樹氷もかなり育ってきています。

志賀高原は上田近郊のスキー場のみならず、おそらく本州でも屈指の良い雪質を楽しむことができる場所ですが、その代りに行き帰りの道路は相当に覚悟しておかないといけません。私が行ったこの日も、道路は上から下までさながらスケートリンクのような状態でした。上林温泉より上の山道には特に気を付けてください。

|

« 店舗の仕事始め | トップページ | 信濃国分寺八日堂(蘇民将来符) »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/43662563

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原:

« 店舗の仕事始め | トップページ | 信濃国分寺八日堂(蘇民将来符) »