« 多少の降雪がありました | トップページ | 店舗の仕事始め »

2008年12月28日 (日)

中禅寺薬師堂

前山寺三重塔の塩田地域一帯は鎌倉時代~室町時代にかけての一級の文化財を擁した神社仏閣が林立しており、それがゆえに信州の鎌倉と呼ばれています。今日は前山寺三重塔に並ぶ観光名所として知られる中禅寺薬師堂を紹介してみます。

Chuzenji1

中禅寺薬師堂は平安時代の建築様式をよく残した鎌倉時代初期の建造になりまして、国の重要文化財に指定されています。長野県下では最古の木造建造物であるとともに、中部日本全体を見てもおそらく現存する最古の木造建造物であると言われています。

Chuzenji2

Chuzenji3

後世の建築に見られるような彫刻などはほとんどありませんが、建築そのものが持つ安定感からくる美しさを楽しむことができます。

また、薬師堂の中に収められている薬師如来像と神将像もやはり国の重要文化財に指定されています。

Nyorai

薬師堂とほぼ同時期の作品であると推定されていまして、薬師堂とともに塩田の地で信仰の対象として残り続けてきたものなのでしょう。

県宝になりますが、山門の仁王像はその様式から平安時代末期のものと言われています。ですが、薬師堂・薬師如来像が当初は平安時代末期のものと推定されていて後に鎌倉時代初期のものであると訂正されたことを考えますと、やはり鎌倉時代初期のものであるのかも知れません。

Niou1

Niou2

Niou3

たしかに運慶・快慶に通ずるような、たくましく躍動感のある彫刻でして、見ごたえは十分にあります。

さて、中尊寺薬師堂をはじめとするこれらの傑作を作るだけの経済的背景は一体どこから来たのか、というのは今となってはよく分かっていません。
候補として、源頼朝の有力御家人で塩田の地頭職だった島津忠久の出資によるものではないかとも考えられています。
今年の大河ドラマは篤姫でしたが、彼女の実家の薩摩藩主の島津氏の祖が島津忠久になります。のちに島津忠久は九州へと赴任し、薩摩・日向の守護になりますが、塩田と薩摩という遠く離れた土地に少なからぬ縁があると考えると面白いものです。
そう言えば、幕末期に佐久間象山・赤松小三郎といった日本随一の兵学者が上田藩から次々と出てきて、薩摩藩の志士たちと密接な関係を持って行きますが、なんとなく宿縁じみたものを感じてなりません。

中禅寺薬師堂の位置は下のようになります。

|

« 多少の降雪がありました | トップページ | 店舗の仕事始め »

上田近郊の名勝・名所・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/43557720

この記事へのトラックバック一覧です: 中禅寺薬師堂:

« 多少の降雪がありました | トップページ | 店舗の仕事始め »