« 身代わり地蔵(延命地蔵) | トップページ | 12月の三宝柑福居袋 »

2008年12月 8日 (月)

地獄石

旧真田町に山家神社(やまがじんじゃ)という神社があります。この神社は真田氏発祥の地の近くでして、非常に真田氏と関係が深い神社だと知られています。一説によると、真田氏の居館がこの山家神社の敷地内に一時期あったのではないかと推測されていまして、実際に多数の古銭等の遺物が発見されています。
山家神社自体の解説はこのページが詳しいと思います。

今日ご紹介しますのは、その山家神社の敷地内にある地獄石と言われているキノコ状の石です。

Jigku

上の写真中央にある石が地獄石です。なぜ地獄石かと言いますと、この石の中央部分に3cmほどの穴が開いていまして、この穴が地獄に通じているという伝承があるのです。

Jigoku

この穴に耳を当てると地獄の釜の煮える音が聞こえると云われていまして、確かに耳を当てると軽い音で「こぉー」というような反響音が聞こえてきます。おそらく貝殻に耳を当てるのと同じ原理でしょうが、地獄の釜の音と言われると確かにそう思えるので面白いものです。

ちなみに、この地獄の釜の音を耳の悪い人が聞くと、耳が治って良く聞こえるようになるというまことしやかな話も伝わっております。俗に地獄耳と言いますが、それをもじったものなのでしょうか。

|

« 身代わり地蔵(延命地蔵) | トップページ | 12月の三宝柑福居袋 »

伝説・伝承」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/43362269

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄石:

« 身代わり地蔵(延命地蔵) | トップページ | 12月の三宝柑福居袋 »