« 地獄石 | トップページ | 生島足島神社 »

2008年12月12日 (金)

12月の三宝柑福居袋

12月中旬になってきまして、だいぶ皮の色が黄色くなり、味に深みが出てきました。
やや不作傾向だとのことで収穫量減が心配されているところでしたが、今のところ安定した数量を確保できていますのでほっと一安心です。

Fukuibukuro12

今日の福居袋を写真撮りしてみました。
11月の時点と比べていただけば分かり易いと思いますが、果皮の緑色がやや退色して黄色みをさしてきていますし、ゼリーにもやや黄色みが増してきていまして、果実全体が熟し始めてきていることが分かります。

これから年末年始に向けて毎日製造量が増えていきます。全て手づくりの福居袋製造現場は、人海戦術そのものでして大忙しとなって行きます。

|

« 地獄石 | トップページ | 生島足島神社 »

三宝柑」カテゴリの記事

コメント

変わっていく色を目にすると、やはり口にしたくなります。それに、ゼリーの透明感がたまりません。香りまで伝わってきそうです。
師走になって、思い出の夏がよみがえる時があります。その土地ごとの景色が気になる今日です。

投稿: 旅の途中Can子 | 2008年12月12日 (金) 23時00分

旅の途中Can子様
何しろ素人の写真ですので、福居袋の姿をうまく伝えられているかとても不安なところです。何となくのイメージだけでもお伝えできたのでしたらうれしく思っております。

たった3・4か月前は蝉の声がうるさかったことを考えると、季節の変化は本当に早いものです。いよいよ年の瀬ですが、あわただしかった一年も思い起こしてみるとあっという間に過ぎたような気がいたします。

投稿: 飯島商店 | 2008年12月13日 (土) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/43398494

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の三宝柑福居袋:

« 地獄石 | トップページ | 生島足島神社 »