« 金次郎池 | トップページ | じょうぼし »

2008年11月24日 (月)

鹿教湯の文殊堂

別所温泉と並ぶ上田の名湯である鹿教湯温泉に、文殊堂という建物があります。文殊堂は今は天竜寺というお寺の所属になっていますが、元々は独立したものでして、全国を行脚し聖武天皇による国分寺建立にも大きな影響を与えたとされる行基の弟子の園行によって設立されたものだと伝わっています。

Monjyu1

これが文殊堂でして、江戸時代中期に再建されたものでして県宝に指定されています。たしかになかなか保存状態が良く、再建当時の姿を今に残す貴重な存在です。

Monjyu3_2

Monjyu7

Monjyu4

Monjyu5

Monjyu6

日光東照宮に通ずる極彩色が残っていまして、建造当初の姿を想像することができます。日本仏閣というと地味で渋い色合いを想像してしまいますが、文殊堂はそれとは違ってまさに絢爛豪華といった姿だったのでしょう。

Monjyu2

屋根には法住寺虚空蔵堂と同じく鬼板に鬼の面が乗っています。このことからも、法住寺虚空蔵堂に影響を受けているのかも知れませんし、もしかしたら当時は虚空蔵堂もこのような極彩色による装飾が色鮮やかに残っていたのかも知れません。

ちなみに鹿教湯は文字通り、怪我をした鹿が傷を癒すのに使っていた秘湯であるとされていまして、人間にこの秘湯の存在を知らせた鹿が文殊菩薩の化身であったとの言い伝えがあります。
今も文殊堂は鹿教湯の湯治客の散策コースとして賑わっていますが、今も昔も鹿教湯と文殊堂は密接な関係があったようです。

文殊堂の大体の位置は下のとおりです。

詳しい地図で見る

|

« 金次郎池 | トップページ | じょうぼし »

上田近郊の名勝・名所・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/43215179

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿教湯の文殊堂:

« 金次郎池 | トップページ | じょうぼし »