« ねずみ大根と青大根 | トップページ | 国宝大法寺三重塔 »

2008年10月25日 (土)

在来かりん(マルメロ)の産地視察に行ってきました

昨日ですが、安曇野市の在来かりん農場へと視察に行って来ました。

Karin1

あいにくの雨模様のお天気でしたが、今年のかりんが順調に生育していることが確認できました。ちなみに上の写真ですと木に紙袋がたくさん下がっている様子が分かると思いますが、この紙袋の中にかりんが入っています。このように果実を紙袋で覆って保護する栽培方法を、有袋栽培(ゆうたいさいばい)と言います。

Karin2

紙袋をとると、かりん特有の甘い香りとともに、きれいなレモン色をした実が出てきます。今年のかりんは天災の被害を全く受けませんでしたので、とてもきれいな実です。

ですが喜んでばかりではいられませんでして、在来かりんの木を切ってしまった農家の方がいらっしゃるようです。在来かりんには希少価値がありますので、あまりのもったい無さに思わず天を仰いでしまいした。
農家の方たちとの情報共有不足に他なりませんので、早急に手を打って行きたいと思っております。

|

« ねずみ大根と青大根 | トップページ | 国宝大法寺三重塔 »

かりん(マルメロ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/42900483

この記事へのトラックバック一覧です: 在来かりん(マルメロ)の産地視察に行ってきました:

« ねずみ大根と青大根 | トップページ | 国宝大法寺三重塔 »