« 龍の子太郎と真田昌幸 | トップページ | 赤すももの状況(真田町) »

2008年8月 7日 (木)

赤すももの状況(長和町)

長和町の赤すももの収穫時期も近くなり、生産者さんたちとの打ち合わせとすもも畑の視察をして来ました。

Nagawa

これは山の上の方の畑から長和町の街の方を見たところです。真田町と同じように山あいの小さな集落ですが、やはり空気も水も美味しい自然豊かなところです。地域一帯で、ヒグラシやキリギリスが大合唱をしていました。

Sumomo1

すもも畑です。今年は概ね豊作傾向のようでして、この畑の場合は成った実の重みで枝が折れてしまいそうですので、支柱で枝を支えている様子が写真から分かると思います。自然落果や病気の発生も少ないようでして、収穫が今から楽しみです。

ただし、今年の夏の気温の乱高下や、晴天時の乾燥と猛烈な夕立などの影響か、例年にないほど畑によって赤すももの出来の差が激しいです。

Sumomo2

Sumomo3

Sumomo4

これらは全て長和町の生産者さんの赤すもも畑の状況ですが、畑によってかなり赤すももの熟度の進行状態が違うのが分かると思います。一番上の畑ですと今週中には収穫適期を迎えそうですし、一番下の畑ですと再来週くらいにならないと収穫は難しそうです。以前にもお伝えしましたように真田町の方で不作が予想されますので、長和町の方で何とか収穫量を確保したいところですが、今年はなかなか頭を使わなければならない年になりそうです。

Sumomo5

これは、赤すももの苗木です。もちろん市販されているものではありませんので、苗木から自分たちで作らないとなりません。これらの苗木が大きくなって実をつけるまでにはまだ時間がかかりますが、何とかこの貴重な赤すももを末永く守って行きたいと思っております。

|

« 龍の子太郎と真田昌幸 | トップページ | 赤すももの状況(真田町) »

赤すもも(在来すもも)」カテゴリの記事

コメント

赤すももの様子を見せてくださって、ありがとうございます。鈴なりの赤すももが可愛くて、重みでしなった枝さえうれしく感じました。
ジャムが出来るまで毎年ご苦労が多くて、それでもとんとん経営を貫かれる飯島商店さんには頭が下がるばかりです。
昨夜7時ごろヒグラシが鳴いて、街なかでは珍しく心が弾みました。今週末信州に出掛けます。

投稿: 旅の途中Can子 | 2008年8月 7日 (木) 14時33分

旅の途中Can子様
いつもご覧になっていただきありがとうございます。

今週末にこちらにいらっしゃるのですか。良い信州旅行になることをお祈りしております。
天気予報によりますと概ね天気は安定していそうですが、今年は急の激しい夕立が多いですので傘の準備も一応しておいた方が良さそうです。昨日も昼過ぎに急に大粒の雨が降り出したりしまして、晴れていてもなかなか安心できません。

ヒグラシの鳴き声は良いですよね。上田市街地も数は少ないですが、たまにヒグラシの声が聞こえることがあり、猛暑の中にちょっとした涼しさを感じたりしております。

今週末から来週にかけて赤すももと白桃の収穫前の大切な時期でして、現地に行くことが多くなります。また随時、現地の状況を写真も交えて紹介したいと思っております。
なにしろ扱っているものがお天気任せの果物ですので、どうしても収穫前にはやきもきしてしまいます。上手く行ってくれることを願うばかりです。

投稿: 飯島商店 | 2008年8月 7日 (木) 20時34分

次に続く赤すももたちはここで順番を待っているのですか。赤すももの苗木が育っている景色はとても穏やかで、二階建てや山へと延びる一本道が印象的です。
日本の原風景、どんなに時間が流れても、誰もが懐かしく思い惹きつけられてしまう。赤すももも原風景です。私の心にも刻まれたようです。

投稿: 旅の途中Can子 | 2008年8月14日 (木) 11時53分

旅の途中Can子様
先週末の信州旅行はいかがでしたでしょうか?上田では土曜日にかなりの夕立となりましたので心配をしておりました。
それにしても田舎の良さと言えば空気と水の美味しいことと、時間がゆっくり流れていることくらいです。

写真にある赤すももの苗は生産者の方のお宅の庭で育てているものなのですが、もう少し成長しましたら赤すもも畑の方へと移植して次世代を担ってもらいます。5年後くらいから実をつけ始めますので、その時が今から楽しみです。

投稿: 飯島商店 | 2008年8月14日 (木) 16時12分

信州の魅力は計り知れません。行く先々で手間取りました。森から軽井沢に向かう途中、上田が右手に見えるのに時間がなくなってしまい残念な思いをしました。塩沢湖畔ではナイヤガラジュース、あんずジュースで涼んでから信州を後にしました。
晴雨兼用の傘を持ち歩いていたので心強かったです。ありがとうございました。でも、急な雷鳴には焦って駆け足になりましたけど。

会議室がある二階への廻り階段、歴史を感じさせる調度品の数々。落ち着いた雰囲気の中で、味見をさせてもらったり、腰掛けながらジュースをいただく。活けられた花も愛でる。それは夢のような時間です。
車を降りて、しだれ桑の木を左に見ながら、そして角を曲がって、お店に向かって坂を登っていく。この道もたまらなく好きです。飯島商店さんのお陰で上田の街がもっと好きになれました。

関東平野の端に帰って来て、むっとする暑さに目眩がしそうです。でも、昨日朝方つくつく法師が鳴きました。少しずつ少しずつ秋が近づいているみたいです。今、三宝柑ジュースを口にして、清々しい香りに私は真田坂をゆっくり歩いています。
どうもありがとうございました。

投稿: 旅の途中Can子 | 2008年8月15日 (金) 12時38分

旅の途中Can子様

信州旅行を楽しんでいただけたようでして、嬉しく思っております。

軽井沢は歴史のある避暑地だけありまして、自然だけではなく面白い店や町並みもある場所ですね。外国人の別荘地としての古い歴史がありますので、横浜・神戸などとはまた違った異国情緒があります。
余談ですが、ルバーブが日本で最初に栽培されたのは軽井沢でして、外国人の教会関係者が持ち込んだと言われています。

また、上田の町を好きになっていただきありがとうございます。
上田は軽井沢などに比べるとあまり垢抜けない街ですが、文化的背景や歴史的背景を追っていくと非常に興味深い史跡や名所が数多く存在する場所です。
最近では上田が持っている魅力・文化・建物を再評価し、保存や整備、活用をしようという機運がようやくに高まっております。上田人の気質として「新しいもん好き」という点がありまして、どうも自分たちの過去と現在を軽視し過ぎる悪癖を持っていましたので、この機運は喜ばしいことだと思っております。
またよろしかったら、上田の方にもゆっくりいらっしゃって下さい。お待ちしております。

上田でも日中はじりじりと暑いのですが、夜になると冷たく涼しい風が吹くようになってきました。気が付かないうちに秋はもうすぐ近くに来ているようです。

投稿: 飯島商店 | 2008年8月16日 (土) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/42094700

この記事へのトラックバック一覧です: 赤すももの状況(長和町):

« 龍の子太郎と真田昌幸 | トップページ | 赤すももの状況(真田町) »