« 森地区の状況 | トップページ | 花螺李と赤すもも »

2008年7月 7日 (月)

キイチゴの実

以前に紹介したキイチゴの花が(おそらく、モミジイチゴ)がたくさん実になっていました。

Kiichigo1 小さな赤い点がキイチゴの実です。

Kiichigo2 実はこんな形です。

Kiichigo3 大きさはこんな感じです。

子供の頃は美味しいものだと思って食べていましたが、今食べてみると種の渋みが気になります。ですが、キイチゴの仲間は全て実が食べられますし間違いようが無いほど特徴的な実ですので、山野で見かけたらとりあえず口にしてみると楽しいと思います。

欧米ではラズベリーの名前で古くから広く栽培されていた歴史がありますが、日本在来のキイチゴはかなりぞんざいな扱いです。欧米種のキイチゴとは違って、香りは淡いですし甘みもそれほどありませんが、宝石のように透明感のある実の美しさは欧米種のキイチゴに勝るとも劣らないと思います。

|

« 森地区の状況 | トップページ | 花螺李と赤すもも »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/41994714

この記事へのトラックバック一覧です: キイチゴの実:

« 森地区の状況 | トップページ | 花螺李と赤すもも »