« 弘法石(ちがい石・ちかい石) | トップページ | 真田石 »

2008年7月29日 (火)

信濃国分寺のハスの花が見ごろです

信濃国分寺でのイベントと言えば、蘇民将来符であまりに有名な正月七日・八日の八日堂縁日(上田マルチメディア情報センターの紹介ページが詳しいです)が真っ先にイメージされます。しかし最近は、夏のこの時期(7月~8月)も国分寺隣の休耕田を利用して栽培しているハスが一斉に花を咲かせますので、それも名物の一つにしているようです。

Hasu1

ハス池は国分寺本堂の裏にありまして(上の写真の正面に見える建物が裏側から見た本堂です)、休耕田の中にびっしりと植えられています。相当数の花が咲いていますので、見ごたえはあると思います。

Hasu3

ハス池には桟橋が渡してありますので、蓮を間近で見ることができます。

Hasu2

一つのハスの花の一生は短くすぐに散ってしまいますが、次から次からつぼみが出てきて毎日咲きますので、かなり長期間にわたって楽しむことができます。

一蓮托生(元々の意味は、「死んだ後も極楽のハスの花の上で一緒に過ごす」ということです)、という言葉もありますが、ハスは仏教において極楽の象徴です。確かに、ハスの花を見ていますとせせこましさはまったくありませんし、悠久の優雅さを昔の人が感じたのは頷けるところです。

|

« 弘法石(ちがい石・ちかい石) | トップページ | 真田石 »

上田近郊の名勝・名所・文化財」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/42002339

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃国分寺のハスの花が見ごろです:

« 弘法石(ちがい石・ちかい石) | トップページ | 真田石 »