« ルバーブ入荷と加工 | トップページ | 虚空蔵山とナンジャモンジャの木 »

2008年6月20日 (金)

桑の実ジャム製造中です

Kuwa2

農場の桑の実です。黒くなったものが熟しています。

今まさに一番の収穫期なのですが、今年は裏年になるようでして凶作傾向です。あまり収穫量は望めそうにはありません。

Kuwa1_2

写真の真ん中辺に黒い点々のように見えるのが桑の実です。実つきが悪く、およそ、昨年の1/3~1/2程度の収穫量になりそうです。今年の桑の実ジャムはかなり早い時期での販売終了が予想されますので、お買い求めはお早めにお願いいたします。発売は、来週中くらいから開始、ということになるかと思います。

Kuwa3

今日収穫して納品された桑の実です。味かなり濃く良好ですので、その点ではほっとしています。

|

« ルバーブ入荷と加工 | トップページ | 虚空蔵山とナンジャモンジャの木 »

桑の実」カテゴリの記事

コメント

お店の駐車場側にしだれ桑の木がありましたよね。確か上田城跡公園でも見かけました。昔は気づかなかったのですが(笑)。しだれ桑も実をつけたのですか?
朝食を食べたばかりのおなかポンポコリン状態で、暑い中桑の実ジュースを飲んでいたのが思い出されます。

投稿: 旅の途中Can子 | 2008年7月 1日 (火) 11時29分

旅の途中Can子様
弊社の駐車場の桑の木も毎年赤黒い実をつけます。ですが、今は熟期は過ぎてしまっていて実が全くついておらず(ほとんどは鳥に食べられてしまいます)、青々とした大きな葉ばかりが茂っております。
上田城跡公園にも桑の木はたくさんありまして、今年はもう実は生っていませんが、6月中旬ごろに毎年実をつけてくれています。上田は養蚕の町として知られており、上田城跡公園への桑の木の植樹はこれにちなんだもののようです。
以前はいっぱいに生った桑の実を子供たちが喜んで食べていたものですが、今では鳥ばかりが喜んでついばんでいるようです。子供たちのお行儀が良くなった、とも言えますが、なんとなく寂しい気分にもなります。

上田は元々あまり雨が降らない土地柄なのですが、今年は雨ばかりのお天気が続いております。7月になりましたが肌寒いような気候でして、夏の暑さの到来はまだまだ先のようです。

投稿: 飯島商店 | 2008年7月 1日 (火) 15時50分

5月地味な花が咲いていると思いましたが、可愛らしい実が生ったのですね。身近にある木から果実をもげるなんて、子どもでなくてもワクワクします。
周りを気にしながら口に入れても、唇まで染めてしまって一目で気づかれる。その時はうつむいて歩きましょう。
密かにバスケットに入れ持ち帰って、ジャムを手作りするのも良いですね。飯島商店さんの足元にも及びませんが、きっと幸せな気持ちになれると思います。
ありがとうございました。

投稿: 旅の途中Can子 | 2008年7月 2日 (水) 10時42分

旅の途中Can子様
確かに桑の花はとても地味でして、普通は目に留まる機会は無いと思います。ですがよく見ると、花の時からきちんと桑の実の形をしていますので面白い花だと思っています。
生の桑の実は染料として使用できるほどに染色力が強いですので、口を見れば食べたかどうか一目瞭然ですよね。欧米ではマルベリーの名で家庭でも普通にジャムにして親しまれていますが、日本では近年になってようやく知名度が上がってきた程度です。

収穫量が確保できませんので商業的には無理ですが、栽培種ではなく山野に自生している野生桑で作った桑の実ジャムが風味ともに最高だと思います。野生の桑は高木になりますので収穫が大変ですが、機会がありましたらぜひ一度お試し下さい。

投稿: 飯島商店 | 2008年7月 2日 (水) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/41994705

この記事へのトラックバック一覧です: 桑の実ジャム製造中です:

« ルバーブ入荷と加工 | トップページ | 虚空蔵山とナンジャモンジャの木 »